News

緊急事態宣言の期間延長に伴う当協会の対応

公開日 2020年5月7日(木)
詳細

緊急事態宣言の期間延長に伴う当協会の対応

  5月4日政府発表の新型コロナウイルス対策における緊急事態宣言の5月末までの期
 間延長を受けとめ、当協会としての方向性を以下のようにいたします。

 1、協会としてご案内した自粛期限の5月10日は、政府方針に沿って5月31日まで
  延長となります。また、当協会の活動自粛期間は、緊急事態宣言の解除の日をもって
  終了とします。

 2、緊急事態宣言解除まで、記念会館の閉鎖は継続します。従って、稽古場の使用も出
  来ません。 本部事務局は引き続き、最小限の人員で法人として必要な手続き事務の
  ため、交代で短時間の事務所業務とします。

 3、本部主催教室・自主教室の再開は緊急事態宣言の解除後、準備を含めた猶予期間
  (会員の安心・安全が確保できるとの見極めがつくまで)を経た後のご案内となり
  ます。

 4、委員会やプロジェクト活動も3に記載と同様です。本部会議室等の使用はできませ
  んので、メールや電話等で必要な連携を保ってください。

 5、支部におきましても活動自粛を前提に、今回指定されます「特定警戒都道府県」の
  13都道府県と、それ以外の県・自治体の感染拡大防止のための要請を、しっかり受
  け止めた活動としてください。

 6、集団での稽古にあたり
  ①3つの密を作らない行動と、マスク着用を心掛け感染予防の対策を十分したうえで
   行ってください。
  ②公園などでのお稽古は他のグループを含め距離を確保し、マスク着用を心がけてく
   ださい。
  ③お稽古の前後の移動や、お話をする場も密にならないように心がけてください。
  ④地域行政の要請をしっかり確認し、それに従った行動をとってください。

 7、緊急事態宣言の解除された場合においては、これまでの自粛から新たな生活・行動
  様式に移行する場合でも、引き続き人に感染させないための社会的責任をしっかり意
  識した行動をお願いいたします。長い我慢の日々が続くと思われますが、連帯してこ
  の難局を乗り切ってまいりましょう。

 会員の皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

                     特定非営利活動法人 日本健康太極拳協会
                     理 事 長  楊  進