News

緊急事態宣言解除

公開日 2020年5月27日(水)
詳細

日本健康太極拳協会会員の皆さま
支部会員・太極拳愛好家の皆さま

特定非営利活動法人 日本健康太極拳協会
理  事 長  楊 進                
副理事長  楊 慧                

 新型コロナウイルスの蔓延に対する緊急事態宣言は、5月25日解除となりました。
 これに伴い、当協会としての活動自粛期間を終了し、楊名時太極拳記念会館の閉鎖を解除し、活動を再開します。
 この間皆さまの生活にも多大な影響をおよぼしながらも、「為了明天」~希望を胸に明日に向かっての気持ちを大きく持って、この事態と闘ってまいりました。
 当協会でも活動を自粛し、楊名時太極拳記念会館の閉館、本部主催教室や自主教室も休講となり、事務局も最低限必要な業務のみ短時間で対応する措置を取りました。
 事態を全国の太極拳愛好の皆さまと共有し、自宅での稽古や「密」を避けての自粛生活を余儀なくされ、これまでの日々を過ごしてまいりました。
 今般、政府の緊急事態宣言が解除され、各都道府県の差こそあれ、再び稽古を出来ることとなりました。しかし、第2波、第3波の懸念もあり、稽古再開としながらも、同時にうつらない、うつさない感染防止と「安心・安全」のための行動を引き続き継続していただくようお願いいたします。
 また、その為にも3密(密閉、密集、密接)の回避などを習慣化し、秋・冬に向けて生活様式を変えていく必要があります。これまでとは違う日常を受け入れていくことも大切なことです。時間はかかると思いますが新しい生活様式の中でも、楊名時太極拳はいつも一緒にあります。
 再び教室の仲間と一緒に稽古ができるように、皆さまと一体となってこの難局を乗り切りましょう。そして教室での再会を心よりお待ちしております。