News

「Withコロナ社会」の中の私達の感染予防の留意点

公開日 2023年1月12日(木)
詳細

「Withコロナ社会」の中の私達の感染予防の留意点

特定非営利活動法人日本健康太極拳協会
理 事 長  楊  進       
常務理事 荒川利行      
医療・運動研究委員会     

 2022年9月8日政府の新型コロナウイルス感染症対策本部の決定に基づき「Withコロナに向けた考え方」が発表され、感染症拡大防止と社会経済活動の両立を強固に推進してゆくこととなりました。
 行動制限の緩和から街には人の流れが戻り、G7各国が水際措置を撤廃していることを踏まえた、外国人観光客等の受け入れ再開による外国人の増加、また、渡航自粛要請国がなくなったことで、海外に出かける人も多くなり社会経済活動は復活してきました。
 それと共に、オミクロン株の感染力の強さもあり、全国的に新規陽性者数の増加、感染拡大が続いています。
 中でも高齢者、持病のある人の感染、重症化、死亡率の高いことが問題視され、太極拳の仲間の間でも不安の声が増えてきております。
 政府は、ワクチン接種間隔の前倒し接種の実施の勧め、経口治療薬の承認、医療提供体制、在宅療養体制の強化対策などを進めています。
 そこでこの社会の中で、私達に出来る感染予防の留意点は、コロナウイルス感染症発症からこれまで身につけてきた基本的な感染対策です。
 ①マスク着用  ②手洗い、手指消毒  ③三密(密接・密集・密閉)の回避  (チラシ参照)
 この感染防止の基本を心新たに実施していくと共に、日常の生活習慣を見直し、免疫力を落とさないように、適度な運動、活動とバランスの取れた休養と質の良い睡眠、栄養バランスを整えた食事、を心掛けたいものです。
 楊名時八段錦・太極拳は、心を安定させると共に体の感覚を磨いてゆくので、我々の得意分野でもあります。
 ワクチン接種に関しても、オミクロン感染が比較的軽症で済んでいるのは、やはり多くの方が3回目接種を済まされて中和抗体を持っているからと言われています。このことを考えると、重症化・死亡率の多い高齢者、持病のある方はオミクロンにも対応する2価のワクチンの接種を早急に受けられることをお勧めします。

 健康と安心のために、この基本的感染防止対策を励行し楊名時八段錦・太極拳を楽しく実施して行きましょう。

 教室でのお稽古に、添付したチラシを掲示したり、支部行事開催にあたっては、"FIA フィットネス関連施設における新型コロナウイルス感染拡大対応ガイドライン (一社)日本フィットネス産業協会  2022年12月8日"などを参考にしてください。
 また、各都道府県のガイドラインも参考にしてください。

(参照資料)
①感染拡大防止へのご協力をお願いします
②ゼロ密を目指そう!
③FIA フィットネス関連施設における新型コロナウイルス感染拡大対応ガイドライン
                 (一社)日本フィットネス産業協会 2022年12月8日